おでかけWS@ウェスタ川越

SURUTOCOが出張でシルクスクリーンワークショップを開催する「おでかけWS」!
今回は埼玉県にある「ウェスタ川越」さんにて4月13日(土)、14日(日)に開催!
ウェスタ川越さんは各種コンサートやイベントの開催、講座の開催等、多彩なふれあいによる地域活力の埼玉県の複合施設です。

「特殊印刷でオリジナルノート作り」&「リピート柄のハンカチ&ファブリックボード作り」と難易度が高めのシルクスクリーンワークショップを開催します。




「特殊印刷でオリジナルノート作り」

熱を利用した手法でシルバーやゴールドの箔押し、もこもこ(発泡)インクの印刷をおこないます。ご自身のイラストの版を枠に張る作業からインクを使って、ノートの表紙に図案を印刷していきます。
今回のワークショップではノート2冊に同じ絵柄で箔加工、トートバッグにもこもこインクを使用します!
※写真はサンプルです。実際のワークショップではノートの絵柄が同じものとなります。

【ワークショップの流れ】
①原稿を作る→②版を張る→③印刷→④アイロン

【原稿のサイズ】
170×80mmの絵柄を2つ(1種類の絵柄のみでも大丈夫です。)
※ワークショップ中の原稿作成時間は15分程度です。あらじめ原稿、下書きの作成をしていただけると当日スムーズです。
原稿は白い紙に黒一色で作成します。鉛筆や細すぎる線は見えづらくなるので、
マジックなどはっきりした線を描きます。
ノートの向きやサイズをイメージしながらの作成がおすすめ!

【できるもの】
ノート(200×135mm)×2冊
トートバッグ×1枚

【日程】
4月13日(土)13:00~16:00
4月14日(日)9:30-12:30



「リピート柄のハンカチ&ファブリックボード作り」
版を枠に張る作業からインクをのせて、無地のハンカチやキャンバス布に図案を印刷していきます。図案の組み合せや色の組合せを工夫して、素敵な作品づくりをしましょう。
今回のワークショップではハンカチ2枚に印刷し、1枚をパネルに貼り付けます。

【ワークショップの流れ】
①原稿を作る→②版を張る→③1色目の印刷→④乾燥→⑤2色目の印刷→⑥乾燥

【原稿のサイズ】
80×80mmの絵柄を2つ(1種類の絵柄のみでも大丈夫です。)
※ワークショップ中の原稿作成時間は15分程度です。あらじめ原稿、下書きの作成をしていただけると当日スムーズです。



原稿は白い紙に黒一色で作成します。鉛筆や細すぎる線は見えづらくなるので、
マジックなどはっきりした線を描きます。
左の絵柄と右の絵柄をぴったりと重ね合わせる2色刷りは今回のワークショップでは不向きです。ズレても問題のないイラスト同士がおすすめです。

【できるもの】
生成りハンカチ(約350×350mm)×1枚
ファブリックボード(180×140mm予定)×1つ

【日程】
4月14日(日)13:30-16:30

【会場】
ウェスタ川越2階 市民活動・生涯学習施設 活動室3
(〒350-1124 埼玉県川越市新宿町1丁目17−17)
https://www.westa-kawagoe.jp/course/detail.html?id=261



---------------------
詳しい原稿の作り方はこちらをチェック!


SURUTOCO(スルトコ)
レトロ印刷JAMが運営する
シルクスクリーンで遊べるお店
営業時間:11:00-19:00

住所:東京都品川区北品川2-28-15 紀伊国屋ビル2F

人気の投稿